アキアジ 料理編 漢の鮭フレーク

今回は簡単に出来て、子供たちにも喜ばれるサケフレークを大量に作りました。

 

ウチの奥さんは魚は食べられるのですが、魚独特のニオイには敏感で、すこしでも臭みが出ると食べられなくなるので、なるべく臭みを抑える方法で作っています。

 

用意するもの

 

生鮭 適量

サラダ油 少々

塩 適量

ごま油 少々

醤油 (香りづけ程度にごく少量)

白ごま お好みで、無くてもOK

 

 

1、生鮭を用意して、鍋に入れ水からゆでます。

ウチではオスの脂の乗った赤い身はもったいないので、ちゃんちゃん焼きや塩焼きに回して、イクラに養分を取られて若干白くなってきているメスの身を使うことが多いです。そのほかに3枚おろししたあとに中骨についた身も多用します。

出来れば釣ってその日のうちに処理したほうがより臭みは少なくなります。

 

f:id:akiajihunter:20170913222604j:plain

 今回は手抜きなので、カマは塩焼きに回して尾まで四分割のブツ切りでゆでます。

沸騰して5分~10分ほどでゆであがるのでお湯を捨て冷水で冷まします。

このとき完全に火が通ってなくても構いません。

 

f:id:akiajihunter:20170913222632j:plain

 

 

 

2、鮭の身から骨と皮を取り除きフライパンに入れていきます。

 

多少の水気があっても大丈夫です。

この作業が一番大変ですが、なるべく小骨が入らないようにしていきます。

 

 

3、水気が完全に飛ぶまで炒めます。

炒める際にごく少量のサラダ油を入れこげつきをふせぎます。

塩は身の量にもよりますが、入れすぎると取り返しがつかなくなるのでまず小さじの半分程度いれてみて、味を見ながら調整します。

 

 

4、仕上げにお好みで香りづけでごま油や、みりん、醤油、しろごまなどをいれます。

ごま油は入れすぎると味を壊してしまうのでご注意。

 

 

 

5、これで分量を量らない漢の鮭フレークの完成です。

 

f:id:akiajihunter:20170914212128j:plain

 

 

さすがに一匹分は水気飛ばすのに時間がかかるので、フライパン2枚で作りました。

ごはんにかけても、マヨネーズで鮭マヨを作りおにぎりの具としても絶品です。

 

 

これを大量に作ってジップロックで冷凍すれば、冬の間じゅう楽しめます。

 

 ↓始めました、応援よろしくお願いします

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村