9月10日 止別~網走第四 アキアジ

前回に引き続き、アキアジレポート。

10日未明から止別にてスタートです。

状況としては前日より車が少なくてビックリ。

一度帰宅したため駐車場に空きがあるか心配してたのですが、いらない心配でした。

確かに土曜もあまり釣れていなかったし、網走第四も開放されているという事なので分散したのでしょう。

昨日に引き続き、左岸サーフにて開始。

前日に引き続き暗いうちから7時まで全体で5本つれたかどうかの超渋い展開です。

また我慢大会になるのか~、なんて思いながら川の流れ出しの延長上に浮きルアーを漂わせていると、前アタリから重みに発展、アワセをいれました。

前日の獲物より暴れます、ドラグはフルロック状態なので糸が出される事は無いですが、右へ行ったり左へ行ったり、いなすのが大変です。

ランディング直前になってもまだまだ走ろうとするファイターでした。
そしてずり上げの瞬間に痛恨のバラし。

針を確認すると口にかかっていたほうが、根元から折れてしまってました。

強引にやりとりしすぎたため折れてしまったんですね。

激渋の中での一本だっただけに残念でしたが、周りで使われてないぐるぐるさーもんをこだわって使ってのアタリだったので妙な満足感もありました。

サケは青物に比べれば走らないですがトルクがあるので本当にパワフルですね。

それから三時間程頑張りましたが、全体的に前日よりさらに厳しくて魚見えない、釣れるのはお立ち台で一時間に一本くらい、船も全く釣れてない状況に見切りをつける事にしました。

f:id:akiajihunter:20170913221959j:plain





そして移動先は網走第四埠頭です。
今や、ゲート開放に合わせてすぐに人が満杯になってしまうので幻の釣り場だと思っていたのですが、最盛期では無いためかビッチリではありません。
友人の知人に場所を提供していただき、スタート。

ここでもこだわりのぐるぐるさーもん、棚は漁港仕様で2メートル、超デッドスローも変えずにチャレンジ。



さて、周りも釣れてないので状況を朝からやっている方に聞くと、朝方パラパラ、その後も見える範囲でたまに釣れてる感じ。
右でやってるお二人は既に二人とも二本キープ。


あれれ、止別より全然マシじゃないですか。

止別、爆を夢見て第四は選択肢から外しましたが裏目に出てしまいました(>_<)

その話を聞いて俄然やる気が出たので、ルアーを投げてよそ見しながら、手元だけは集中という、いつものスタイルでアタリを待ちます。

岸壁スレスレを時折マスの小さな群れが走り去っていきます。

10m付近を鮭5匹くらいの群れが通過します、タイミングよくルアーを通せましたが無反応で行っちゃいました。

結構離れたとこの人が沖目で一本かけました。
それを見て、飛ばないなりにフルスイング。
沖目をゆっくり漂う感じで巻いていきます。
すると、明らかなアキアジのアタリがしばらく続きました。なかなか浮きが沈まない。ヤキモキした一瞬の後にスーッと浮きが沈みこみました。

そこで、やっとこアワセ。

クネクネと白い魚体が見えてきて、それ程暴れる事も無く無事ネットに収まりました。

この時期にしては小さい65センチくらいのオスでした。

3時すぎまで頑張りましたが、アタリは後にも先にもこの一回限り。

本当に運の良い一本でした。


f:id:akiajihunter:20170913221544j:plain

※下は目の前に流れてきたカラフトマス。〆た跡があったので導流堤の誰かが落とした模様w


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村