新築住宅vs中古住宅

新築住宅と中古住宅どちらもメリットやデメリットがあると思います。

まずは住宅購入の第一歩としてどちらが自分の理想に近いかが決めてになると思います。

新築住宅のメリット

①新しい(ここは譲れないって方多いと思います)

②注文住宅は間取り等ある程度思い通りになる(家事をする奥様には非常に大事)

③今の住宅はやはり性能が良いので、冬暖かいし光熱費も抑えられる。

新築のデメリット

①思い通りの住宅にするとそれなりのお値段になってしまう。つまり月々の返済額がかさんで負担が大きくなってしまう。


新築は非常にわかりやすいと思います、払えるならばデメリットは無いのでシンプルです。


中古住宅のメリット

①価格が安い(新築と比べたら当たり前ですが)

②住んだ後をイメージしやすい(建て売りの新築も同じ)

③良い立地を探しやすい


中古住宅のデメリット

①家の状態の把握が素人には難しい

②メンテナンス費用がかさむ

③古い家はやはり冬に寒い



大体重要な事はこれくらいでしょうか?
他にも細かい点は当然多々あります。

後は、個々の価値観によって絞られると思います。

私の場合、仕事柄ハウスメーカー工務店の方々、職人さんに会う機会があり、はたまた中古住宅を扱う不動産屋の友人もいるのでアドバイスや裏話を教えてもらっていてさほど迷いませんでした。

次回は新築では無く中古住宅を選んだ理由について書いていこうと思います。