カレイ釣り③

4月14日土曜

am4時30分~pm13時

釣れ始めたあの場所へ

朝は防寒着でフル装備しても風があり寒い(>_<)
そして周りも含め全く反応が無い。

隣の人に一匹目が来た後、自分にも。

午前7時ちょうど


f:id:akiajihunter:20180415084516j:plain

ずっしり重い35cmクラスゲット

仕掛けは12gの赤ブラー単体

磯竿でねっとりさびく。

すると忘れた頃に竿先に重みを感じるので、喰わす間をおきグイーンとアワせて巻き巻き。

10時位までは自分のやってる場所が一等地だったけど、それくらいから離れたとこでもパタパタ上がり出す。



それにしてもアベレージサイズがデカい。皆柔らかめの竿なので、しっかりタモ使ってあげます。

釣れてる状況でタイムアップ。



f:id:akiajihunter:20180415085525j:plain


30センチ以上が7枚

本日のマックスは


f:id:akiajihunter:20180415090351j:plain

ジャスト40センチで自己ベスト更新


f:id:akiajihunter:20180415090616j:plain


刺身、煮付けで子ども達大喜び。


まとめ

置き竿はほぼ無意味?
天秤仕掛けの置き竿一本だしたけど、一匹しかかからず。
誘わないと喰わないですね。

産卵後の荒ぐい始まってます。釣り上げた全てが産卵後でした。
何食べてるか気になったので、捌いてみると消化管に海藻や藻屑みたいのがギッシリ詰まってました。

トップ釣果のおじいさんが隣だったけど、昼までに倍の数あげてました。
自分の釣果も全体では全然悪くなかったと思いますが、まだまだ技術向上の余地アリ。秘伝の技術教えて貰いました。


ホント釣りは奥が深いですね。



にほんブログ村

カレイ釣り②

4月8日の日曜日
am5時~am11時
この日は夜中雪がチラついていたけど、先週とは違い海面は凍らず。

天気が良く風も無かったので、絶好の釣り日より。
早い時間は潮が動こうが全然釣れない、外道のアタリすらナシ。

港内で移動して様子見るも、周りも釣れてない。

日が高くなるにつれてポツポツ上がりはじめてる。

諦め半分のとこ磯竿にブラー8gでさびいてたら雑巾みたいな重みが!

良型のクロガシラゲット。
その後も渋いながら枚数増やし、友人からも手のひらサイズを頂き帰宅。



f:id:akiajihunter:20180410000355j:plain

※今日のは全て腹入ってました。抱卵は一枚で、他全部白子でしたけど。


やっとオホーツクも開幕って感じでしょうか?
次週からは漁師さんの船もあったり、激戦区のポイントは人びっちりになるのが目に見えてるので、どっか人が少なくても釣れるとこないかなー、なんて思ったり。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

朝活 サロマ湖 カレイ偵察

4/1 栄浦漁港
am6:00~11:30



f:id:akiajihunter:20180401171021j:plain



f:id:akiajihunter:20180401171046j:plain



f:id:akiajihunter:20180401171134j:plain



旬の一枚を求めてサロマ湖、栄浦漁港へ。
港内は全域濁りアリ。
反応が無いまま時間は過ぎ、、

8時半頃



f:id:akiajihunter:20180401181646j:plain


26cmのクロガシラゲット


が、このあと続かずあっという間に昼前に。

港内全体でも、他に釣れていたのは一枚のみでした。



帰り際浜サロマ漁港も覗いてみましたが、釣れている様子もなくまだ早い模様でした。

これからに期待したいところです。


おまけ情報


f:id:akiajihunter:20180401182414j:plain


既に産卵後の個体でした。早いんでしょうかね?



にほんブログ村

ペール缶 竿受け 自作

久々の更新です。

アキアジ戦が終わって以来、氷上コマイにチャレンジするも大した釣果も無いまま更新意欲も薄れてしまっていました。


しかし釣りへの意欲が薄れた訳ではありません。気持ちは春カレイモードです。

そこで昨年から構想していたペール缶を利用した竿受けを自作してみました。

〈自作に当たってのルール〉

①予算1000円未満(それ以上なら買った方が早い)

②まるごと水洗いしたり、多少雑に扱っても壊れない強度

以上を念頭にダイソーをウロウロ。ホームセンターは意外と金物が高くついてしまうのでダイソー頼みになりました。

事前にかなりネットで「竿受け、竿置き、バケツ等」検索したけど、ペール缶に切り込みを入れて竿を置いてる位しか無かったためなかなかイメージがわきません。
車止めにつけるタイプの竿受けはかなりの数の自作品をみましたがあまり参考にはならず。

それでもちょっとひらめいたので以下のモノを購入して試作してみることに。



f:id:akiajihunter:20180312234906j:plain



f:id:akiajihunter:20180312235729j:plain



ペール缶はスタンドで頂いた物を使用。(半年前に丁寧に洗ってもニオイが抜けなかったが、今は無臭)



f:id:akiajihunter:20180312235047j:plain



ペール缶へはM4ボルトナットで2点固定。バケツの持ち手が内に入るようにします。
穴あけは4mmのドリル。マジックで印を付けて目印にしました。

次にL型の板を2枚組み合わせ「コ」の形にします。
長い金物と固定する反対側に短い金物を固定します。(これが無いと遊びが大き過ぎるので)
これも同じくM4ボルトナットで固定します。



f:id:akiajihunter:20180313000430j:plain



竿尻と竿先側を写真のようにします。
長い金物との固定の時、既存の穴がビミョーにズレていてM4ボルトだと入らなかったのでM3を使用しました。
(無理やりドリルで穴あけしたら、板が曲がって使い物にならなくなりました)

これだけの工程で完成です。

f:id:akiajihunter:20180313003321j:plain



後は竿がキズつかないように何かしらで覆えば尚良しでしょう。

ちょうどダイソーでイス足カバーがあったので試しにつけました。


f:id:akiajihunter:20180313003346j:plain



ちょっとセンス無いけど竿を置いた感じはかなりシックリきています。
靴下を脱がせば、洗うときも困りません。

後は滑り防止にゴム系の何かを付けるのもよいでしょう。

これで、海水を入れれば安定感バッチリの竿受け完成です。

カレイの垂らし釣りや、サビキ釣りで活躍してくれるでしょう。

実戦投入が待ち遠しい!





にほんブログ村

11月11日 常呂漁港


f:id:akiajihunter:20171111181303j:plain



風が強く、係留ロープ大量で浮きルアーはやれる場所限定されてました。

悪天候の中でも、地方~地元組多数。
相変わらず賑わってます。
だけど魚は少なめ。

渋い中フカセでの一本。

11月5日 常呂漁港


f:id:akiajihunter:20171107135601j:plain



今年最後の釣果かも。カラフト狙いのときに辛酸を舐めさせられた常呂漁港にてなんとか一本。


この日は前日局所的に沸いたとあって、いまだかつてないほど混んでいました。
9時位まではどの場所でもポツポツ上がっていたがその後サッパリ。

去年のこの時期なんて、ほとんど誰も居なかったのに今年はまだ釣り足りない人が多いからか、それともやれる場所が限られてるからか賑わってます。

お祭りには程遠いけど、遅い時期まで狙えるのはいいですね!

10月14日15日 能取湖口

14日は10時まで、15日は早朝のみやってきました。

14日はそこそこ周りも釣れていたが、1バラし15日は外も内側も釣れていない中奇跡の一本。

中サイズだけどキレイなオスでした!

身も赤かったのでルイベ用に。



f:id:akiajihunter:20171015103509j:plain



釣れない事も無いけど、やはり粘り強くやらないと釣れない状況は変わらず。